タグ : vs2008

CWinApp::m_pszProfileNameはdeleteじゃなくfreeする

MFCアプリでiniファイルの書き出しがうまくいかない現象に悩んでいました。その現象自体はiniファイルのパスをフルパスで指定することで解決したのですが(Vista以降で起こるUACがらみの挙動が影響しているらしい)、今度はプログラム終了時にヒープが壊れて文句をいわれるようになってしまいました。

MFCアプリでiniファイルのパスを指定するのはCWinAppのm_pszProfileNameに値を設定します。ここでm_pszProfileNameに直接文字列リテラルのポインタを代入していたのがだめな原因でした。C++とすっかりご無沙汰だったせいで結構初歩的なところでボロボロです。悔しいですw

■間違い

m_pszProfileName = _T("d:\\temp\\test.ini");

■正解

if (m_pszProfileName) {
    free((void*)m_pszProfileName);
}
m_pszProfileName = _tcsdup(_T("d:\\temp\\test.ini"));

IUniformResourceLocatorを使ってインターネットショートカット作成

IUniformResourceLocatorを使ってインターネットショートカット(*.url)を作成するありがちなコードがWindows 7 64bit版だと動きませんでした(ファイル自体は作られるが中にURLが入らない)。

    if (!SUCCEEDED(CoInitialize(NULL)))
        return FALSE;

    // IUniformResourceLocator オブジェクトを作成しポインタを取得する
    IUniformResourceLocator *pURL = NULL;
    HRESULT hResult = CoCreateInstance (CLSID_InternetShortcut, NULL,
                CLSCTX_INPROC_SERVER, IID_IUniformResourceLocator, (LPVOID*)&pURL);

    BOOL bResult = TRUE;
    if (SUCCEEDED(hResult)) {
        IPersistFile *ppf = NULL;
        // ショートカットを二次記憶装置に保存するため IPersistFile
        // インターフェイスの問い合わせをおこなう
        hResult = pURL->QueryInterface(IID_IPersistFile, (void **)&ppf);
        
        if (SUCCEEDED(hResult)) {
            // URLを設定する
            pURL->SetURL(csURL, 0);
#ifdef _UNICODE
			ppf->Save(csFile, TRUE);
#else
            WCHAR wsz [MAX_PATH];       // Unicode 文字列へのバッファ
            // 文字列がANSI文字で構成されるようにする
            MultiByteToWideChar(CP_ACP, 0, csFile, -1, wsz, MAX_PATH);
            // ショートカットを保存する
            ppf->Save(wsz, TRUE);
#endif
            // IPersistFile へのポインタを開放する
            ppf->Release();
        } else {
            bResult = FALSE;
        }
        // IUniformResourceLocator へのポインタを開放する
        pURL->Release();
    } else {
        bResult = FALSE;
    }
    CoUninitialize();
    return bResult;

結局、Save()に渡すパスが相対パスだとだめで絶対パスだと大丈夫みたいなんですが、いつの間にかこういう仕様になったのでしょうか。謎は深まる…。