iOSアプリでGoogle Chromeを使ってURLを開く方法

Opening links in Chrome for iOSというページ書かれている通りにやればいいらしい。

NSURL *inputURL = ;
NSString *scheme = inputURL.scheme;

// Replace the URL Scheme with the Chrome equivalent.
NSString *chromeScheme = nil;
if ([scheme isEqualToString:@"http"]) {
  chromeScheme = @"googlechrome";
} else if ([scheme isEqualToString:@"https"]) {
  chromeScheme = @"googlechromes";
}

// Proceed only if a valid Google Chrome URI Scheme is available.
if (chromeScheme) {
  NSString *absoluteString = [inputURL absoluteString];
  NSRange rangeForScheme = [absoluteString rangeOfString:@":"];
  NSString *urlNoScheme =
      [absoluteString substringFromIndex:rangeForScheme.location];
  NSString *chromeURLString =
      [chromeScheme stringByAppendingString:urlNoScheme];
  NSURL *chromeURL = [NSURL URLWithString:chromeURLString];

  // Open the URL with Chrome.
  [[UIApplication sharedApplication] openURL:chromeURL];
}

裏技でもなんでもなく、URL Scheme を使うごく普通の方法。アプリごとに対応しないといけない。

今後iOSが強さをみせつけるほど、標準ブラウザをSafariから解放せよという圧力も強まってくるんじゃないかな。WindowsでMicrosoftが独占禁止法がらみでいろいろやられたので、Appleも当然対応はを考えているだろうけど。

日本人としてはIMEの解放してほしい。ATOK使いたいし。

  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。