ERROR 2006 (HY000) at line 445: MySQL server has gone away

MySQLで上記エラーが表示される場合、設定ファイルmy.iniを書き換えmax_allowed_packetの設定を追加します。

[mysqld]
max_allowed_packet = 16M

Xcodeでignoreすべきファイル

SubversionでXcodeのプロジェクトを管理する場合ignoreしたほうが良さそうなフォルダ/ファイル

  • buildフォルダ。
  • XXX.xcodeprojファイル内にある.pbxuser, .perspectivev3ファイル。

MacPorts vs Fink

MacにUnix系のソフトをインストールするときにはMacPortsを使うのが定番らしいですが、Debian風のパッケージシステムを使うFinkというのもあるみたいです。Appleの社員の方が開発に関わっているMacPortsのほうが有名らしいですが、DebianになじみがあるのでFinkも使ってみたいと思いました。

もともとOS Xにはある程度Unix系のソフトがインストール済みなのですが、新しいバージョンが必要なときはどうしても自分で準備する必要があるんですよね。パッケージに慣れてないと、ソースからコンパイルとか無茶なことをはじめてしまうことが多々あるのですが、その後の管理の手間を考えると自分でなんでもやるのは自重しようと思いました。

タブバーに登録するアイコン

タブバーに登録するアイコンに関する覚え書き。

  • サイズは30×30。
  • 背景は透過。

ダウンロードできそうなリンク。

UITabViewControllerの使い方

UITabViewControllerを使ったアプリを作るまで。はじめてのiPhone3プログラミングにあったやり方まとめ。

  • XcodeでWindow Based Applicationを作る。
  • ClassisフォルダでUIViewControllerのサブクラスを必要なだけ追加する。xibファイルと.hファイルも同時に生成しておく。xibファイルはResourcesフォルダに移動しておく。
  • XXXAppDelegate.hを変更。UITabBarController *rootControllerを追加。

    @interface XXXAppDelegate : NSObject {
    UIWindow *window;
    UITabBarController *rootController;
    }

    @property (nonatomic, retain) IBOutlet UIWindow *window;
    @property (nonatomic, retain) IBOutlet UITabBarController *rootController;

  • XXXAppDelegate.mも変更。

    @synthesize rootController;

    - (void)applicationDidFinishLaunching:(UIApplication *)application {

    // Override point for customization after application launch
    [window addSubview:rootController.view];
    [window makeKeyAndVisible];
    }

    - (void)dealloc {
    [rootController release];
    [window release];
    [super dealloc];
    }

  • MainWindow.xibをダブルクリックしInterface Builderで開く。MainWindow.xibとタイトルのあるウィンドウ(Windowではない)に、「Tab Bar Controller」をドロップする。
  • XXXAppDelegateからTab Bar Controllerにコントロールドラッグし、rootViewControllerを接続する。
  • Tab Bar Controllerを開き、ステータスバー部分をクリックして属性インスペクタを開く。プラスボタンを押してタブを追加する。
  • タブ部分をクリックして属性インスペクタでxibを変更する。もう一回タブ部分をクリックして、イメージとタイトルを変更する。
  • 以上で一応完成。起動するとタブが切り替えられるアプリが完成。

LogicoolマウスMX518をMac miniで使う

Logicoolの5ボタンマウスMX518をSnow Leopardで使う場合、基本機能を単に使うだけならUSBポートに差し込むだけですむのですが、サイドの「戻る」「進む」ボタンは認識しませんでした。そこでLogicoolのホームページからダウンロードしてきた「Logicool Control Center」と呼ばれるドライバをインストールしてみました(WindowsのSetpointにあたるものか)。これでうまくいくかと期待したのですが、全く認識せずあえなく撃沈。別の方法を探さないとだめそうです。
lcc

ちなみに海外のフォーラムにもサポートしてないということが書いてありました(MX 518 Mac compatibility – Logitech Forums)。サードパーティ製のマウスドライバを使うといけるかも?

アンインストールする方法もわからなかったのですが、アプリケーション→ユーティリティの下にある「LCC Uninstaller」を起動するというのが正解のようです。

iPhoneのSQLite3で全文検索する

調査続行中ですが、Full-text search with Cocoa | Torsten Curdt’s weblogにiPhoneのObjective-Cでで全文検索するため方法が書いてありました。少しまとめると、

  • LuceneKitを使う。ただしそのままでは使えない(?)
  • sqliteを使う。ただしそのままでは使えないので、amalgamation sourceをダウンロードし「#define SQLITE_ENABLE_FTS3」を定義してビルドしなおして使う。

ということが必要のようです。日本語の場合さらに工夫しないとだめそうですね。

Fireworksでビットマップを切り抜いて拡大縮小する

ビットマップの切り抜きは、「長方形選択ツール」→「編集」→「選択したビットマップの切り抜き」
ビットマップの拡大縮小は、選択後マウスを使って行う(SHIFTキー押しながらで縦横比を保つ)か、「変更」→「変形」→「数値を指定して変更」。CTRL+SHIFT+T。

ラジオ界の救世主となるか「radiko.jp」

ラジオサイマル放送サービスradiko.jpが始まりました。ラジオ好きとしては是非とも成功してほしいところですがとにかく重い。朝の段階では接続すらできませんでした。が、夜になってようやく画面が表示され聞けるようになりました。
radiko

音質はさすがにクリアで、なかなかいいです。ながら作業はテレビじゃ無理だし、今年はラジオくるんじゃないでしょうかw

Atok2009 for Macの不具合

xcodeでATOKを使って日本語入力をした瞬間にカーソルが最下行に移動する現象を発見しました。Atok2009(現時点の最新版)が64bitで動くアプリ(xcode以外にもある)に対応しきれてないのが原因のようです。xcodeを32bitモードで起動するという回避方法もあるようですが、いやなので、ことえりに戻しました。

64ビットアプリケーションで、カーソル位置に文字を挿入できない場合がある。
※Xcode、iChat、アドレスブックで現象確認済み。

本現象の原因については、アップル社と協力し、両社にて調査中です。
回避策については、サポートFAQをご確認ください。

「Mac OS X v10.6 Snow Leopard」での動作状況について