MacPorts vs Fink

MacにUnix系のソフトをインストールするときにはMacPortsを使うのが定番らしいですが、Debian風のパッケージシステムを使うFinkというのもあるみたいです。Appleの社員の方が開発に関わっているMacPortsのほうが有名らしいですが、DebianになじみがあるのでFinkも使ってみたいと思いました。

もともとOS Xにはある程度Unix系のソフトがインストール済みなのですが、新しいバージョンが必要なときはどうしても自分で準備する必要があるんですよね。パッケージに慣れてないと、ソースからコンパイルとか無茶なことをはじめてしまうことが多々あるのですが、その後の管理の手間を考えると自分でなんでもやるのは自重しようと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする