カテゴリー : 未分類

Ruby/MySQLでuninitialized constant Mysql::Protocol::UNIXSocket (NameError)

ActiveScriptRubyでRuby/MySQL(pure rubyのほう)を使ってMySQLデータベースに接続しようとしたのですが、エラーが発生して接続できませんでした。

C:/Program Files/ruby-1.8/lib/ruby/gems/1.8/gems/ruby-mysql-2.9.2/lib/mysql/protocol.rb:212:in `initialize': uninitialized constant Mysql::Protocol::UNIXSocket (NameError)
	from C:/Program Files/ruby-1.8/lib/ruby/1.8/timeout.rb:53:in `timeout'
	from C:/Program Files/ruby-1.8/lib/ruby/gems/1.8/gems/ruby-mysql-2.9.2/lib/mysql/protocol.rb:209:in `initialize'
	from C:/Program Files/ruby-1.8/lib/ruby/gems/1.8/gems/ruby-mysql-2.9.2/lib/mysql.rb:110:in `new'
	from C:/Program Files/ruby-1.8/lib/ruby/gems/1.8/gems/ruby-mysql-2.9.2/lib/mysql.rb:110:in `connect'
	from C:/Program Files/ruby-1.8/lib/ruby/gems/1.8/gems/ruby-mysql-2.9.2/lib/mysql.rb:42:in `new'
	from dbselect.rb:4

RubyGemsを使って入れたのでバージョン不整合?などと疑い、いろいろ調べてみたのですが、接続時のホスト名を”localhost”→”127.0.0.1″に修正したら大丈夫になりました。海外のフォーラム情報によるとWindowsでもUNIXSocketを使おうとするRuby/MYSQLのバグらしいです(Error: uninitialized constant Mysql::Protocol::UNIXSocket | keyongtech

■だめ

db = Mysql.new('localhost', 'dbuser', 'dbpassword', 'dbname');

■OK

db = Mysql.new('127.0.0.1', 'dbuser', 'dbpassword', 'dbname');

UIImagePickerControllerのボタンのラベルがローカライズされない

UIImagePickerControllerのナビゲーションバーのボタンが、シミュレータの言語設定を切り替えても変わらないので悩みました。
plistの「Localization native development region」で指定した言語で常に表示されているようです。

結局、Localizable.stringsを追加して、英語・日本語でローカライズしてみたところ、UIImagePickerControllerのナビゲーションバーのボタンも切り替わるようになりました。謎です。

MacでiPhoneの写真を取り込む

MacでiPhoneの写真を取り込むには「イメージキャプチャ」という標準アプリを使うのが簡単です。
イメージキャプチャ

「すべてを読み込む」ボタンを押せばiPhoneの写真がすべてMacに転送されます。

トップページをblogに変更

トップページをblogに変更してみました。Wikiより日々の記録を書いていくのは便利かな?

Core Data で NSRangeException

古いモデルがシミュレータに残っていたのが原因?アイコン長押しでアプリを削除してやりなおしたら大丈夫になりました。

Windows7 64bit + Visual Studio 2008でFaEditビルドできずの続き

「コンピュータにmfc90d.dllがないため、プログラムを開始できません。この問題を解決するには、プログラムを再インストールしてみてください。」というエラーが表示されビルドに失敗していた問題ですが、結論からいうと、Visual Studio 2008 Professionalを再インストールし解決しました。

なんかわからんが珍しくエラーメッセージが真実を伝えていたようです。やるなMicrosoftw。なぜmfc90d.dllがなくなっていたのかという根本的な問題は解決しないままなのですがとりあえず良しと。海外のフォーラムで「Visual Studio 2008で一からプロジェクトを作り直して解決」という途方もない解決策(?)が提示されていましたがそれ解決策かとw。

Xcodeでignoreすべきファイル

SubversionでXcodeのプロジェクトを管理する場合ignoreしたほうが良さそうなフォルダ/ファイル

  • buildフォルダ。
  • XXX.xcodeprojファイル内にある.pbxuser, .perspectivev3ファイル。

MacPorts vs Fink

MacにUnix系のソフトをインストールするときにはMacPortsを使うのが定番らしいですが、Debian風のパッケージシステムを使うFinkというのもあるみたいです。Appleの社員の方が開発に関わっているMacPortsのほうが有名らしいですが、DebianになじみがあるのでFinkも使ってみたいと思いました。

もともとOS Xにはある程度Unix系のソフトがインストール済みなのですが、新しいバージョンが必要なときはどうしても自分で準備する必要があるんですよね。パッケージに慣れてないと、ソースからコンパイルとか無茶なことをはじめてしまうことが多々あるのですが、その後の管理の手間を考えると自分でなんでもやるのは自重しようと思いました。

LogicoolマウスMX518をMac miniで使う

Logicoolの5ボタンマウスMX518をSnow Leopardで使う場合、基本機能を単に使うだけならUSBポートに差し込むだけですむのですが、サイドの「戻る」「進む」ボタンは認識しませんでした。そこでLogicoolのホームページからダウンロードしてきた「Logicool Control Center」と呼ばれるドライバをインストールしてみました(WindowsのSetpointにあたるものか)。これでうまくいくかと期待したのですが、全く認識せずあえなく撃沈。別の方法を探さないとだめそうです。
lcc

ちなみに海外のフォーラムにもサポートしてないということが書いてありました(MX 518 Mac compatibility – Logitech Forums)。サードパーティ製のマウスドライバを使うといけるかも?

アンインストールする方法もわからなかったのですが、アプリケーション→ユーティリティの下にある「LCC Uninstaller」を起動するというのが正解のようです。

PukiWiki for WordPressをインストール

WordPressをインストールし、ついでにPukiWiki for WordPress « kwLogを適用してみました

PukiWiki書法でかけます。プラグイン化されているのでインストールも簡単。すばらしい。